最新情報

2012年7月26日症状チェック表
パニック障害の症状チェック表
2012年5月26日パニック障害を”悪化させるもの”
カフェインはパニック障害を悪化させます
2012年5月19日パニック障害と"妊娠"
パニック障害で妊娠しても大丈夫です!
2012年5月17日パニック障害と"妊娠"
<出産・妊娠> パニック障害でも無事に出産できました
2012年5月16日パニック障害は薬で治る?
パニック障害で処方される「デバス」の効果と副作用

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

<出産・妊娠> パニック障害でも無事に出産できました

パニック障害でも妊娠・出産は可能です

パニック障害を克服しようと治療中の女性にとって、その時期の妊娠・出産は健康な方以上にいろいろ不安があると思います。

パニック障害の治療中は不安要素がいっぱいだから母親になる自信がない、先に治療に専念したいから妊娠・出産は避けたいというのも選択肢の一つです。そして、パニック障害の治療中でも妊娠したら頑張って元気な赤ちゃんを出産したいというのもまた選択肢の一つ。
どちらが正しい、間違いということはありません。そして、パニック障害で無事に元気な赤ちゃんを出産されているというケースも大変多いのです。

一番いけないことは、パニック障害だから出産できないのではないか、赤ちゃんに何か悪い影響が出るのではないかと過度に心配をし過ぎること、そして、医師に相談せず自分の判断で動いてしまうことです。
女性にとって赤ちゃんを出産することはとても大きな出来事です。遠慮せずに周囲のサポートを受けながら乗り越えていきましょう。

出産後のパニック障害再発の可能性

妊娠中はパニック障害の症状もおさまっていたのに、出産後また再発したという女性は意外に多いものです。
妊娠、出産、子育てとやったことのないことに挑戦するのですから、健康な女性でも大変なのです。ましてや、ご自分がパニック障害であるなら、その苦労はなおさらでしょう。

特に、出産後、夜泣きで赤ちゃんが寝てくれず、お母さんも睡眠不足が続いたり、赤ちゃん中心の不規則な生活を強いられたりすることで、パニック障害が再発してしまうケースは、むしろあって当然というべきかもしれません。

お母さん自身がパニック障害という不安を抱えながらの出産、子育ては大変なことも多いでしょう。
けれども、母は強し、です。きっと克服していけると思いますから、周りの人に助けてもらいながら、のんびり子育てを楽しむつもりで関わってみてください^^

パニック障害の治療薬の母乳への影響

無事に赤ちゃんを出産してお母さんになった女性にとって、赤ちゃんへ母乳を飲ませてあげるということは、至福の喜びでしょう。けれども、パニック障害で治療のために薬を飲んでいる患者さんにとっては、その薬が母乳へ悪影響を及ぼさないかということが同時に不安にもなると思います。

そこで、薬の母乳への移行についてですが、確かに、パニック障害で処方される薬(パキシル、ロヒブノール、リスミーなど)で母乳へ移行するものはあるようです。
その場合、赤ちゃんの発育がよくない、いつもうとうとと眠りがちであるといった症状が現れる場合がありますが、大抵の場合、医師に相談して服薬している限り、過度に心配し過ぎる必要はないでしょう。

薬を飲むタイミングについては、母乳を上げた直後というのが、次の授乳時間との間が一番あくのでベストだと思います。

タグ

パニック障害で処方される「デバス」の効果と副作用

パニック障害の予期不安に有効なデバス

パニック障害の治療に使われるものには、大きく分けると「抗うつ薬」と「抗不安薬」の2種類があるとお話しました。

パキシルに代表される抗うつ薬はセロトニンの量を増やして精神的な安定をもたらしてくれますし、抗不安薬は、不安や緊張を取り除くのに効果的です。商品名で言えばデバスがパニック障害の治療薬として一般的に多く使われているようです。パニック障害の症状の中でもパニック発作や予期不安に有効とされています。現在約20種類の抗不安薬が出回っています。

パニック障害に有効なデバスは、いわゆる精神安定剤とも呼ばれ、不安や緊張を体から取り除いてリラックスした状態にしてくれます。これは、パニック障害とも関係する脳内の伝達物質である「GABA」という物質とほぼ同じ働きをしてくれると言われています。

パニック障害の治療薬としてのデバスの効果

パニック障害に使用されるデバスをはじめとする抗不安薬は、そのほとんどがベンゾジアゼビン系化合物です。デバスが広く使われている理由としては、一番に即効性が、二番目に安全性が挙げられるでしょう。安全性の面で言えば、もしデバスを誤って大量に飲んでしてしまったとしても、命にかかわるほど重大な事態にはならないと言われています。
また、デバスはパキシルと違って即効性があるのもメリットで、特にパニック障害の症状の中でもパニック発作や予期不安を抑えるのに効果を発揮します。

パニック障害の治療薬としてのデバスの副作用

パニック障害の治療に有効な薬として広く使用されているデバスですが、一方で、デバスには副作用もいろいろとあるようです。代表的なものとしては、眠気、ふらつき、倦怠感、脱力感、めまいなどです。これも人によって個人差のあるところですが、ひどい人になると、うまく歩けなかったり、ろれつが回らない、口が渇く、頭痛がする、場合によっては黄疸が出るなどの肝機能障害を起こす可能性もあるようです。

パニック障害の治療に際しデバスを常用すると耐性、依存性ができてしまうことでも知られています。
つまり、長期間デバスを使用すると体が慣れてしまい、薬の効きが悪くなってしまうのです。さらにデバスは、飲み続けていると依存性が出てきてしまい、止められなくなる人もいるようです。無理に服薬を中止すると禁断症状が出ることもあり、パニック障害の治療へ支障が出かねません。

また、デバスを服薬すると眠気があったり注意力が散漫になったりすることもあるため、服薬中は自動車の運転なども避けたほうがいいでしょう。

最初に安全性の面で優れていると言いましたが、やはり薬ですからいろいろな副作用があることは否めません。ただし、医師の処方をきちんと守ってコントロールできれば、パニック障害の治療薬としてデバスが有効な効果を発揮してくれると期待されます。

タグ

パニック障害で処方される「パキシル」の効果と副作用

パニック障害で処方される薬のいろいろ

パニック障害の治療に有効な薬にはどのようなものがあるでしょうか。パニック障害の治療薬には、通常大きく分けて「抗うつ薬」とよばれる薬と「抗不安薬」とよばれる薬の2種類があります。
パニック障害で最初に現れる症状「パニック発作」は、薬でほぼ完全にコントロールできると言われています。つまり、早期の段階でパニック障害に気付き、適切な病院を受診して自分に合った薬を処方してもらえれば、ほぼ100パーセントパニック発作は止められるということです。

パニック障害の治療に使われるもっとも有効な薬がパキシルとよばれる薬です。パキシルは抗うつ薬で、セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)です。現在の日本では、このパキシルがパニック障害に対する抗うつ薬としてもっともポピュラーなものとなっています。

ここで少しセロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)の説明をしておきましょう。
脳内にはセロトニンという神経伝達物質があり、この物質は、神経細胞内で作られ放出された後、再度同じ神経細胞に取り込まれるという性質があり、セロトニンのバランスが取れていることで精神的な安定が保たれており、パニック障害とは密接に関係しているものです。

パニック障害は、脳内のセロトニンが低下してくることで起こるので、パキシルなどのセロトニン再取り込み阻害剤を服薬することで、そのバランスを正常な状態へ戻すことができるわけです。

パキシルの効果について

では、パキシルの効果、特徴について説明していきましょう。
パキシルは、パニック障害の治療開始直後や、急に服薬を中止してしまった場合などに多少不快な症状が出るものの、パニック障害の薬として一番効き目があり、長期間使用しても体に害のない優良な薬として使われています。ただし即効性はありません。

個人差はあるものの、服薬をはじめて効果が出始めるまで2週間くらいはかかり、大体1カ月くらいすると効果が安定してくると言われています。遅い人では安定してくるのに2~3カ月かかるという場合もあります。

また、体に十分なセロトニンが蓄積されていくまでは長期的に服薬を続ける必要があります。発作がおさまり予期不安などの症状がなくなった後も、1年ぐらいは徐々にパキシルの量を減らしていきながら服薬を続けることが大切です。

パキシルの副作用について

次にパキシルの副作用についてです。これには個人差がありますが、通常一番ひどく出る時期はパキシルの服薬を開始してから1~2週間後です。その時期を過ぎれば徐々に副作用はおさまってくるでしょう。

症状としては、吐き気やめまい、眠気などです。また、人によっては口が渇く、便秘になる、食欲が落ちるといった症状を訴える人もいます。
それから、パキシルの服薬を急に中止してしまうと、めまい、ふらつき、吐き気、頭痛、体がだるいといった離脱症状が現れることがあります。

ですから、パニック障害の治療でパキシルを使った薬物治療を行うときは、必ず医師の指示にしたがって処方された量を指示されたとおりの期間服薬することが大切になってくるのです。

タグ

このページの先頭へ