パニック障害を治すお薬

 パニック障害の治療は薬を使った対症療法的な治療と、認知行動療法のような実際に体を動かすことで症状に立ち向かっていく治療を並行して行っていきますが、ここでは、パニック障害の治療薬としてポピュラーなものについて、その有効性や副作用の有無などを説明していきましょう。

薬がパニック障害に有効なわけ

 パニック障害の治療には薬が非常に有効だとよくいわれるのにはどういった理由があるのでしょうか。それは、パニック発作が薬でコントロールできるからです。パニック障害の原因については100パーセント解明されたわけではなくても、しくみとしては、脳内にある危険を知らせる警報装置の役割をする神経細胞が、何らかの理由によって誤作動を起こし、危険な状態ではないにも関わらず警報を鳴らしてしまうことで、体が発作という反応を起こしてしまうということがわかっています。神経細胞はある一定量の刺激では反応しませんが、一定量を越えて刺激を続けて興奮が高まってくると、次第に興奮の度合いが低くても興奮が引き起こされるという性質があるのです。
 ですから、薬によって興奮を鎮めることで非常事態を平常な状態にし、発作を止めることができるわけです。
 パニック障害の治療では、第一にパニック発作を抑えることが必要です。一般に抗うつ剤と抗不安剤の2種類を使用します。

抗うつ薬のメリット、デメリット

 日本でパニック障害の治療に使われる抗うつ剤の代表はSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)です。現在パニック障害の第一選択治療薬です。セロトニンという脳内にある不安を抑えてくれる神経伝達物質を増やし、パニック障害の症状を改善させてくれます。副作用が少ないことがメリットで長期間の服用も可能です。特に広場恐怖、うつ症状には非常に有効です。
ただ治療効果が出るのが遅いというデメリットもあり、パニック発作の抑制自体にはあまり効果がないともいわれています。パキシル、ルボックス、デプロメール、ジェイゾロフトなどがあります。

抗不安剤のメリット、デメリット

 パニック障害の治療で抗うつ薬とともに使用されるもう1種類は、ベンゾジアゼピン系抗不安剤で、これはうつ病の患者さんに使うのと同じものです。パニック障害の症状のうち、パニック発作と予期不安に対して有効です。使用効果が早く出ることがメリットです。
しかし、デメリットとして多少の眠気、食欲不振、吐き気などの副作用を伴います。また、常用すると依存症になったり、使用をやめると禁断症状が出るといった怖さももっています。コンスタン、ソラナックス、ワイパックスなどがあります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ