<出産・妊娠> パニック障害でも無事に出産できました

パニック障害でも妊娠・出産は可能です

パニック障害を克服しようと治療中の女性にとって、その時期の妊娠・出産は健康な方以上にいろいろ不安があると思います。

パニック障害の治療中は不安要素がいっぱいだから母親になる自信がない、先に治療に専念したいから妊娠・出産は避けたいというのも選択肢の一つです。そして、パニック障害の治療中でも妊娠したら頑張って元気な赤ちゃんを出産したいというのもまた選択肢の一つ。
どちらが正しい、間違いということはありません。そして、パニック障害で無事に元気な赤ちゃんを出産されているというケースも大変多いのです。

一番いけないことは、パニック障害だから出産できないのではないか、赤ちゃんに何か悪い影響が出るのではないかと過度に心配をし過ぎること、そして、医師に相談せず自分の判断で動いてしまうことです。
女性にとって赤ちゃんを出産することはとても大きな出来事です。遠慮せずに周囲のサポートを受けながら乗り越えていきましょう。

出産後のパニック障害再発の可能性

妊娠中はパニック障害の症状もおさまっていたのに、出産後また再発したという女性は意外に多いものです。
妊娠、出産、子育てとやったことのないことに挑戦するのですから、健康な女性でも大変なのです。ましてや、ご自分がパニック障害であるなら、その苦労はなおさらでしょう。

特に、出産後、夜泣きで赤ちゃんが寝てくれず、お母さんも睡眠不足が続いたり、赤ちゃん中心の不規則な生活を強いられたりすることで、パニック障害が再発してしまうケースは、むしろあって当然というべきかもしれません。

お母さん自身がパニック障害という不安を抱えながらの出産、子育ては大変なことも多いでしょう。
けれども、母は強し、です。きっと克服していけると思いますから、周りの人に助けてもらいながら、のんびり子育てを楽しむつもりで関わってみてください^^

パニック障害の治療薬の母乳への影響

無事に赤ちゃんを出産してお母さんになった女性にとって、赤ちゃんへ母乳を飲ませてあげるということは、至福の喜びでしょう。けれども、パニック障害で治療のために薬を飲んでいる患者さんにとっては、その薬が母乳へ悪影響を及ぼさないかということが同時に不安にもなると思います。

そこで、薬の母乳への移行についてですが、確かに、パニック障害で処方される薬(パキシル、ロヒブノール、リスミーなど)で母乳へ移行するものはあるようです。
その場合、赤ちゃんの発育がよくない、いつもうとうとと眠りがちであるといった症状が現れる場合がありますが、大抵の場合、医師に相談して服薬している限り、過度に心配し過ぎる必要はないでしょう。

薬を飲むタイミングについては、母乳を上げた直後というのが、次の授乳時間との間が一番あくのでベストだと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ