パニック障害で処方される「デバス」の効果と副作用

パニック障害の予期不安に有効なデバス

パニック障害の治療に使われるものには、大きく分けると「抗うつ薬」と「抗不安薬」の2種類があるとお話しました。

パキシルに代表される抗うつ薬はセロトニンの量を増やして精神的な安定をもたらしてくれますし、抗不安薬は、不安や緊張を取り除くのに効果的です。商品名で言えばデバスがパニック障害の治療薬として一般的に多く使われているようです。パニック障害の症状の中でもパニック発作や予期不安に有効とされています。現在約20種類の抗不安薬が出回っています。

パニック障害に有効なデバスは、いわゆる精神安定剤とも呼ばれ、不安や緊張を体から取り除いてリラックスした状態にしてくれます。これは、パニック障害とも関係する脳内の伝達物質である「GABA」という物質とほぼ同じ働きをしてくれると言われています。

パニック障害の治療薬としてのデバスの効果

パニック障害に使用されるデバスをはじめとする抗不安薬は、そのほとんどがベンゾジアゼビン系化合物です。デバスが広く使われている理由としては、一番に即効性が、二番目に安全性が挙げられるでしょう。安全性の面で言えば、もしデバスを誤って大量に飲んでしてしまったとしても、命にかかわるほど重大な事態にはならないと言われています。
また、デバスはパキシルと違って即効性があるのもメリットで、特にパニック障害の症状の中でもパニック発作や予期不安を抑えるのに効果を発揮します。

パニック障害の治療薬としてのデバスの副作用

パニック障害の治療に有効な薬として広く使用されているデバスですが、一方で、デバスには副作用もいろいろとあるようです。代表的なものとしては、眠気、ふらつき、倦怠感、脱力感、めまいなどです。これも人によって個人差のあるところですが、ひどい人になると、うまく歩けなかったり、ろれつが回らない、口が渇く、頭痛がする、場合によっては黄疸が出るなどの肝機能障害を起こす可能性もあるようです。

パニック障害の治療に際しデバスを常用すると耐性、依存性ができてしまうことでも知られています。
つまり、長期間デバスを使用すると体が慣れてしまい、薬の効きが悪くなってしまうのです。さらにデバスは、飲み続けていると依存性が出てきてしまい、止められなくなる人もいるようです。無理に服薬を中止すると禁断症状が出ることもあり、パニック障害の治療へ支障が出かねません。

また、デバスを服薬すると眠気があったり注意力が散漫になったりすることもあるため、服薬中は自動車の運転なども避けたほうがいいでしょう。

最初に安全性の面で優れていると言いましたが、やはり薬ですからいろいろな副作用があることは否めません。ただし、医師の処方をきちんと守ってコントロールできれば、パニック障害の治療薬としてデバスが有効な効果を発揮してくれると期待されます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ