パニック障害で処方される「パキシル」の効果と副作用

パニック障害で処方される薬のいろいろ

パニック障害の治療に有効な薬にはどのようなものがあるでしょうか。パニック障害の治療薬には、通常大きく分けて「抗うつ薬」とよばれる薬と「抗不安薬」とよばれる薬の2種類があります。
パニック障害で最初に現れる症状「パニック発作」は、薬でほぼ完全にコントロールできると言われています。つまり、早期の段階でパニック障害に気付き、適切な病院を受診して自分に合った薬を処方してもらえれば、ほぼ100パーセントパニック発作は止められるということです。

パニック障害の治療に使われるもっとも有効な薬がパキシルとよばれる薬です。パキシルは抗うつ薬で、セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)です。現在の日本では、このパキシルがパニック障害に対する抗うつ薬としてもっともポピュラーなものとなっています。

ここで少しセロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)の説明をしておきましょう。
脳内にはセロトニンという神経伝達物質があり、この物質は、神経細胞内で作られ放出された後、再度同じ神経細胞に取り込まれるという性質があり、セロトニンのバランスが取れていることで精神的な安定が保たれており、パニック障害とは密接に関係しているものです。

パニック障害は、脳内のセロトニンが低下してくることで起こるので、パキシルなどのセロトニン再取り込み阻害剤を服薬することで、そのバランスを正常な状態へ戻すことができるわけです。

パキシルの効果について

では、パキシルの効果、特徴について説明していきましょう。
パキシルは、パニック障害の治療開始直後や、急に服薬を中止してしまった場合などに多少不快な症状が出るものの、パニック障害の薬として一番効き目があり、長期間使用しても体に害のない優良な薬として使われています。ただし即効性はありません。

個人差はあるものの、服薬をはじめて効果が出始めるまで2週間くらいはかかり、大体1カ月くらいすると効果が安定してくると言われています。遅い人では安定してくるのに2~3カ月かかるという場合もあります。

また、体に十分なセロトニンが蓄積されていくまでは長期的に服薬を続ける必要があります。発作がおさまり予期不安などの症状がなくなった後も、1年ぐらいは徐々にパキシルの量を減らしていきながら服薬を続けることが大切です。

パキシルの副作用について

次にパキシルの副作用についてです。これには個人差がありますが、通常一番ひどく出る時期はパキシルの服薬を開始してから1~2週間後です。その時期を過ぎれば徐々に副作用はおさまってくるでしょう。

症状としては、吐き気やめまい、眠気などです。また、人によっては口が渇く、便秘になる、食欲が落ちるといった症状を訴える人もいます。
それから、パキシルの服薬を急に中止してしまうと、めまい、ふらつき、吐き気、頭痛、体がだるいといった離脱症状が現れることがあります。

ですから、パニック障害の治療でパキシルを使った薬物治療を行うときは、必ず医師の指示にしたがって処方された量を指示されたとおりの期間服薬することが大切になってくるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ