パニック障害の治療期間はどのくらい?

パニック障害の治療にかかる期間

パニック障害の治療にはどのくらいの期間が必要でしょうか。
これには個人差があります。早期にパニック障害だと気が付くことができて、専門家のいるクリニックで治療を開始できれば、短い人で3カ月もすれば治まる方もいます。
パニック障害は薬が非常に有効に作用する病気ですので、治療が早ければ、服薬の治療を始めてから1カ月~2カ月の間くらいまでには、パニック発作の症状はほぼ完全に抑えることも可能です。

ただ、パニック障害だという診断がなかなかつかなかった場合や、治療の間にうつ病やアルコール中毒、過食症、睡眠障害など、ほかの病気を併発してしまい、パニック障害を慢性化させてしまった場合は治療期間がかなり長引く場合もあります。大体5~10年ぐらい病気と付き合っている方も少なくありません。

パニック障害が長引いてしまう場合

特にパニック性不安うつ病の場合になってしまった場合には、かなりの治療期間を覚悟しなければならないでしょう。この症状はなかなか頑固で、パニック障害の症状が出るとうつの症状は軽減され、うつの症状が出ている間はパニック障害の症状はおさまるというように、まるでシーソーのように2つの症状が出たりおさまったりを繰り返しながら数年間続くことが多いようです。

ただ、かなり長期間にわたって治療を続けなければならない場合も、パニック障害との上手な付き合い方を覚えていけば、日常生活に支障がないほどには回復できるようになるでしょう。

パニック障害が完治したと思っても服薬は続けることが大事

また、パニック障害の治療と服薬にも密接な関係があるといえるでしょう。
通常、パニック発作もなくなり、外出することもできるようになり、いつも心のどこかに巣食っていた不安感も安らぎ、薬を飲まなくてもほぼ普段と変わりなく過ごせるようになったら、大抵のパニック障害の患者さんはそのまま服薬を止めてしまわれます。パニック障害の治療が完了した、自分は完全に治った、と思われるわけです。

もちろん、できるだけ早く薬とは縁のない日常生活を送りたいと誰もが思うことでしょう。
けれども、100人のパニック障害の患者さんからデータを取った結果、自己判断でパニック障害の治療が完了したと思って服薬を中止した患者さんのうち、約80人の患者さんにほどなくしてパニック障害の再発が見られたということです。

ですから、自己判断で治療を完了したと思わずに、お医者さんからよしのサインが出るまで、パニック障害の症状が出なくなってからも、なお1年ぐらいは服薬を続けることが、真の完治へ向けた正しい方法です。

その期間も含めて治療期間と考えると、短くても3~5年はかかると思って長期戦のつもりで取り組むことが大切だと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ