パニック障害でも電車に乗る方法

 パニック障害の方の中には、広場恐怖という症状を持つ方が多くいます。パニック障害の患者さんが一番恐怖に感じることは、発作が起こったときに逃げられないような場所に自分が居るときにパニック発作を起こしてしまうことです。
 「発作が起きたら死んでしまうのでは?」「こんな人ごみで発作を起こしたら迷惑を掛けてしまう」「誰も助けてくれなかったら!」と思うと、それだけで非常に不安や恐怖感が増す。ですから、パニック障害の方は人でごった返している場所や、エレベーターや映画館などの密閉された場所に行くことができなくなってしまう、あるいは移動手段の乗り物に乗ることもできなくなってしまうのです。
 ここでは、パニック障害でも電車に乗ることができるような方法を紹介していきましょう。

無理のないところから練習しましょう

 まずはできるところからで大丈夫。パニック障害のせいで電車に乗ることができなくなってしまったとしても、いつも乗車する駅まで歩いて行ってみる。改札を通ってホームに出てベンチに座り、行き来する電車を眺めてみる。
 慣れてきたら、いきなり急行や特急に乗るのではなく、もし具合が悪くなってもすぐに下りることのできる各駅停車に乗る。座れないほど混んでいる電車は避け、ゆっくり座っていける電車を選ぶ、発作が起きたらすぐ降りられるようドアの近くにいる、などなど。
 パニック障害を一人で克服することはなかなか難しいです。電車に乗るときも、家族や信頼できる人に一緒に乗ってもらいましょう。

これを持って電車に乗ろう

 「パニック障害でもこれを持っていれば安心する、大丈夫だ」と思えるものを携帯しましょう。それは何でもいいのです。お守りでもいいし、アメをなめていれば気が紛れるというのならアメでも構いません。パニック障害のお薬を携帯していれば安心できるというならそれでもかまいませんし、アイポッドで音楽を聴いたり本を読むでもOKです。
 また、なんとなくいやな予感がしてきたら、安心できるツボを押すとか、安心できる言葉をつぶやく。「私は大丈夫」「発作が起こっても長くは続かない」など、パニック障害を抱えながらでも、自分で安心できる方法をいくつか持っておくといいかもしれませんね。

もし、電車の中でパニック発作が起きたら

 もし、電車に乗っている最中にパニック発作が襲ってきたら! それを考えると、やっぱり不安で足がすくみますよね。でも、もし発作が起こったとしても、それは決して長くは続きません。ほんの10分もすれば何事もなかったように嵐は過ぎ去ってくれるでしょう。パニック障害の方で、車内で失神した人も死んでしまった人もいません。
 出掛ける前に不安をなくす薬を飲んだからそうひどいことにはならない。もし発作が起こっても座っているから大丈夫。腹式呼吸をすればおさまる。付き添いがいるから助けてくれるなどなど、もし電車の中で発作が起きたとしても自分は大丈夫だ、対処できるという暗示を自分にかけていくことも大切です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ