パニック障害の症状チェック表

 パニック障害には、パニック発作、予期不安、広場恐怖という3つの特徴的な症状があります。以下に、パニック障害におけるこの3つの症状がどういうものかわかりやすくするために、一覧にまとめてみました。これを見て、まずは自分に当てはまることがどのぐらいあるのかチェックしてみましょう。

パニック障害におけるパニック発作の症状

・心臓が口から飛び出しそうなぐらいの激しい動悸がする
・手足、または全身に悪寒が走り震えが止まらない
・冷や汗が出る
・息がつまる感じがする
・呼吸が速くなる
・口が渇く
・胸が苦しい
・吐き気がする
・下腹部に不快な違和感がある
・めまいがする
・手足がしびれた感じがする
・顔がカーっとほてる
・手足が冷たくなる
・このまま死んでしまうのでは?と感じる
・自分は気が狂ってしまうのでは?と感じる

 パニック障害におけるパニック発作は上記に示したようなさまざまな症状が、同時に複数起こります。そして、数分~数十分で発作がおさまった後は、身体的にもどこにも異常が見られないというのがパニック障害の特徴なのです。

パニック障害における予期不安の症状

 次に、予期不安と呼ばれる症状にはどんなものがあるかを一覧にしてみました。
<もしまたパニック発作が起こったら・・・>
・死んでしまうのではないか?
・人前で失神したり失禁したりして恥をかくのが怖い!
・倒れたとき、周囲の人が誰も助けてくれなかったら!
・発作を起こすことで、多くの人に迷惑を掛けてしまうのでは・・・。
・気が狂ってしまうのではないか?
・何かとても危険な病気が潜んでいるから発作を起こすのではないか。
・事故を起こしてしまうのではないか。

 パニック障害においては、この予期不安の症状があるかないかがかなり重要になってきます。パニック発作や広場恐怖があっても、予期不安がなければパニック障害とは診断されないからです。また、パニック障害の患者さんによっても予期不安を感じる頻度や程度は個人差があります。

パニック障害における広場恐怖の症状

 パニック障害における広場恐怖というのは、一度発作を起こした場所へ行くことが怖くなったり、発作が起きたときに逃げられない場所などへ行くことを避けたりする症状です。この症状は、パニック障害の方でもある人とない人がいるようです。
 広場恐怖には軽度、中度、高度の3段階があります。軽度の場合は、外出することに不安はありますが、必要最小限の外出は可能です。中度は、一緒に付き添ってくれる人がいれば外出できますが、一人では外出できません。症状が進み高度になってくると、ほぼ完全に外出できなくなり、家にひきこもってしまう状態になっていきます。

タグ

このページの先頭へ